知っておきたい男性不妊症の症状と対策

知っておきたい男性不妊症の症状

無精子症
(むせいししょう) 無精子症とは、男性の精液中に、精子を観察できない状態、あるいは運動率が極端に低い(20-30%以下)場合を言います。無精子症は不妊の最大の原因となり、深刻な問題として認識しなければなりません。診察で無精子症と診断されても、その後の治療・改善によって妊娠する夫婦はたくさんいますから、あきらめることはありません。
乏精子症
(ぼうせいししょう) 乏精子症とは、精子の数が一般的な数値よりも極端に少ない症状です。乏精子症の程度によって、軽度・中等度・重症度に分けられます。正常値は、1ccあたり6000?8000万以上と言われますので、5000万以下の場合は軽度、1000万以下の場合は中等度、そして100万以下の場合は重症度、と区分されます。
精子無力症
(せいしむりょくしょう) 精子無力症とは、活発に前進することができる精子がとても少ない状態のことを指します。具体的には「動いている精子が50%未満」、もしくは「活発な前進運動をしている精子が25%未満」の場合と定義されています。すべての精子が動いておらず、精子が生きているのかどうか見ただけでは確認できない状態のことを「精子不動症(せいしふどうしょう)」と呼ばれます。これらの症状は、精子の“量の問題”ではなく“質の問題”と言えるでしょう。
精索静脈瘤
(せいさくじょうみゃくりゅう) 男性不妊の原因でポピュラーな疾患にも関わらず、あまり知られていないのが「精索静脈瘤」です。男性不妊の約40%程度も占め、かなり高い確率で起きる疾患です。シンプルに表現すると、精巣(睾丸)に血液が逆流し、精巣の静脈血管が瘤(こぶ)状に腫れている状態のことを言います。専門の医師に相談し、適切な治療を受けましょう。
勃起不全[ED]
(ぼっきふぜん) 勃起機能の障害=Erectile Dysfunction、つまりED(イー・ディー)と呼ばれます。性交時に有効な勃起が起こらない、または勃起が一定時間維持できない状態のことを指します。本来、勃起は哺乳類すべてにとって生殖を行うための重要な機能ですが、日本では現在約1,130万人が満足ができる勃起ができていないと言われています。
男性が原因の不妊対策とは

個人再生と闇金の任意整理

個人再生には何個かの不利なことがあります。

一番は高額であるということで、減額した以上に弁護士へ支払うお金が上回ったという事もあります。また、この手段は手続きの期間が長くなってしまうので、減額してもらえるまでにかなりの時間がかかることが少なくありません。

交渉を通して合意成立した後に、お金が必要な理由がいかなるものであっても、消費者金融などで借入を申し込んだとしても、審査される際に受かりません。

信用情報機関のブラックリストに載ってしまったら、記載が削除されるまでには5~10年の月日が必要であるため、その時間を待てば借り入れが出来ます。

借金が膨大すぎて、手も足もでなくなった時は弁護士や司法書士の力を借りましょう。

これ以上の返済は不可能だという場合は自己破産という選択ができます。数年の間、海外に渡航できなくなるなどの制限をうけますが、借りたお金は無くなります。

個人再生という選択をするには、安定した収入などのある程度の条件が必要となります。借金の返済ができなくなった場合に、お金を借りている人は、弁護士を通して債権者と一緒に話して月々にいくら支払い可能なのか、返済する額を調整します。

これが任意整理と呼ばれるものですが、その場合に、銀行口座が凍結されてしまうことがあります。銀行にお金を預けている場合は債権者に持って行かれてしまうので、事前に銀行から引き出しておきましょう。

また、ヤミ金融からの借金は任意整理しか方法がありません。裁判所を通した破産、個人再生などは違法な闇金業者が敬遠するからです。
よって、闇金に詳しい弁護士や司法書士に依頼して交渉します。
成功するコツは、闇金トラブルに詳しい弁護士、司法書士を探せるかにかかっています。

スライスを治すには

ゴルフゴルフ初心者に絶対的に多いのが、スライス出て中々直せない方でしょう。
その原因は1つであったり複数存在するなど人によっていろいろですが、例をあげると・・・

1、インパクトの時にフェースがやや開いてプッシュアウト
2、ボールの当たる位置によってスライス回転で、右上に浮き上がって落ちる。
これらが初心者に起こる代表的な症状で、自分なりに直そうとハンドファーストにする、アウトサイドインを治す、顔が前に行かないようにする、など書籍やネット教材いわれていることを実践しても
治らない。

インパクト時のフェースの向きさえ修正できれば正面に飛んでいくことは理解していても難しいのが現状でしょう。

ここで言えることは、
スライスを治すにはインサイドアウトの軌道でクラブをスイングするしかありません。
それが出来れば、スライスやチーピンが出なくなり、プッシュアウト、フック、ドロー、ストレート、フェードが打てるようになります。
注意することは、ハンドファーストにし過ぎないようにすることです。やり過ぎるとフェースが開きやすいためにスライスが出やすくなります

また、スイングで頭を残しボールを最後まで見ようとすると体の回転が悪くなりやすくクラブが最後まで振れなくなり結果、クラブヘッドが開いてスライスます。

この様に、原因を分析すればゴルファーの癖で色々なことが分かります。
これを自分で分析、解決までするのは至難の業です。簡単な方法は教わること。

一番、時間を短縮できて費用対効果を上げられます。
オススメの教材は「シニアゴルファーのヘッドスピードアップ練習法」です。
スイングリズムとボールの方向性そして飛距離アップが学べます。

宮里藍の全米女子オープンに思う

宮里藍がプロゴルファーとして最後の全米女子オープンを戦い終わりました。

コメントでは、満足しているようでしたが心の内はどうでしたでしょうか?

ゴルフ
産経新聞記事では、
女子ゴルフの今季メジャー第3戦、全米女子オープンは16日、米ニュージャージー州ベッドミンスターのトランプ・ナショナルGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、今季限りで引退を表明している宮里藍(32)は通算4オーバーの41位タイで終えた。
中略~
全米オープン優勝という目標を掲げて、2006年から米ツアーに本格参戦。「全米オープンはなかなか(優勝に)手が届きそうで届かない試合だった。
~ここまで。
続きを読む

キャッシング依存で借金まみれの生活に

時間をかけずに借り入れしたい人は、オンラインキャッシングが便利です。
申し込みから融資までが早く済ませられるので、検討してみてください。しかし、当然ですが審査に通らない場合、貸し付けてもらえません。

ご自身が希望する口座に、即日入金されるものもあるため、事前に総合情報サイトなどで自分に適したサービスがあるかどうかチェックしておくと間違いがありません。
続きを読む

債務整理に至るまで

債務整理債務整理を考えている方は、その前に複数の借金をおまとめローンで一本化できないか金融会社に確認してみましょう。

本来の借金の額自体は変わりませんが、大きなひとつの債務として取り扱われるようになり、利息の重荷が少しは減らせる可能性があります。
返済していたそれぞれの会社への返済も1つにまとまりスッキリして、今までのように複数の会社の返済日をチェックするようなことは、しなくてもよくなります。
続きを読む

債務整理をすると困ること

これまでに債務整理で借金を整理した経験がある人は、絶対に金融機関のローンや借入が可能でしょうか?
法律よれば、債務整理者に借入の制限がかかるようなことはありません。

ですから、絶対に借入できないというわけでもありません。ですが、大手消費者金融や銀行からの借入は難しくなります。

逆に、小さな消費者金融では融資を受けられる可能性もありますから、調べてみると良いでしょう。
続きを読む

クレジットカードと債務整理

その利便性の高さから、つい使い過ぎてしまうクレジットカードですが、返済能力を超えた場合、返済が難しくなってしまいます。
仮に一括でお金が引き落とせなくなったら、リボ払いに変更するしかありません。ですが、リボ払いの返済も遅延することも少なくありません。

返済に追われるようになると、精神的にも追い詰められてしまいますから、増えすぎた借金を債務整理で解消し、返済の負担を減らしましょう。抱えきれなくなった借金を整理するのに有効な債務整理ですが、残念ながらデメリットもあります。
続きを読む

私がゴルフを始めたわけ

わたしがゴルフを始めたのは、15年前のこと。
ゴルフ練習場でアルバイトを始めたのがキッカケ。当時のゴルフといえば、おじさんのスポーツの定番というイメージ。
実際、わたしが働いていたゴルフ練習場のお客様もほとんどがおじさんと呼ばれる世代の男性でした。
そんなある日、仲良くして頂いていた常連のお客様に「一発打ってみー」と誘われ、気がつけば打席に立っていました。
わたしは昔から運動神経はいい方でしたし、球技には特に自信がありました。
それに、動いてるボールならまだしも、止まっているボールが当たらないハズがないとたかをくくり、エイっと思いっ切りスイング!
結果は
見事に空振り!お客様達に大爆笑されるという恥ずかしいゴルフデビューとなりました。
続きを読む

日本男子ゴルフツアーの危機

時事通信の配信記事によれば、
フジサンケイクラシック最終日、優勝し笑顔を見せる趙ミン珪(韓国)。
3バーディー、4ボギーの72で回り、通算7アンダーの277で、11年の関西オープン以来の2勝目を飾った。
~ここまで。

いやはや、日本男子ゴルフツアーの凋落に拍車がかってきました。
優勝した趙ミン珪(韓国)選手は嬉しい2勝目でしでしょう。自国と違い慣れない土地で頑張った結果ですから称賛したいと思います。

しかし、日本のプロゴルファーに関しては、『バッ』ですな。
試合をTV中継で観戦していますが、何しろハラハラドキドキが無い!要するに”華”が無いのです。

続きを読む